読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Florian's most newest Diary

ふろりあんの再最新日記

実践英語(7)

さあ、本格的にわかんなくなってきたぞ。

心理カウンセリング序説(11)

家族コンプレックスの話。 これまた落ちがないよ。「家族コンプレックス」というものがあるという以上のことは言ってない。なんとも。

グローバル化と日本のものづくり(11)

インテグラル型のものづくりと、モジュラー型のものづくりの話。 ソフトウェア工学的には可能な限りモジュラー型にするべき何だけど、インテグラル型でないと競争力がなくなるかというと何とも。落ちが見えないなぁ。

一日2回は聞きたい

じわじわとだけど、一日2回見ていれば一ヶ月で60回。1単元が15回だから4単元進められる計算に。 今主に聞いてるのが 実践英語 心理カウンセリング序説 環境デザイン論 グローバル化と日本のものづくり なので、これは3月中には消化できそう。この調子で撮り…

環境デザイン論(11)

廊空間の話。 使用者数を%で測るのは変でないかい?

グローバル化と日本のものづくり(10)

移民を受け入れる義務ねぇ。国際的にそこは義務なのかなぁ。

心理カウンセリング序説(10)

ううん? なんかコンプレックスについてわからなくなってきたぞ?

環境デザイン論(10)

都市環境エレメントと十字式設計法の話。 自然と離れる距離というのは言われてみればなるほど。ただ、2階にリビングだと老人や身障者にはきついだろうなぁ。

グローバル化と日本のものづくり(9)

あれ、みたことあるぞ。 ログに残して無かったか。

心理カウンセリング序説(9)

わかった。この大場先生の比喩と現実の行為を混同する語り口が耐えられないんだ。 気味が悪くてしょうがない。

環境デザイン論(9)

歩行導線の話。 「角」をショートカットしようとするので出会い頭の事故が多かったり、角の芝生がめくれたりというのはいわれてみるとなるほど。意図的に「見えるけど通れない角」を作るのは賢い手だけどスループットは悪くなりそうだなぁ。

実践英語(6)

相変わらず後半はダメ。前半も怪しいなぁ。

グローバル化と日本のものづくり(8)

海外への技術移転のはなし。 ちょっと利点ばかりを強調しすぎかなぁ。

心理カウンセリング序説(8)

Implinsit(暗黙的な)問いかけを意識しながら……って、意識しちゃったら暗黙的じゃないじゃん。 やっぱり禅みたいな何かなのかな。

グローバル化と日本のものづくり(7)

中小企業と下請けと現地生産の話。 ちょっと理想主義かな。

環境デザイン論(8)

こどもの遊び環境について。 高校時代にやっていたボランティアはこういうバックグラウンドがあったんだなぁ。

グローバル化と日本のものづくり(6)

80年代のプラザ合意から90年代にかけての話。

心理カウンセリング序説(7)

うーん、工学的ではない。深みとか豊かなとかいう言葉が平気で出てくる時点で芸術家何かと勘違いしてるんじゃないかという気がする。

グローバル化と日本のものづくり(5)

とりあえず見た。頭にはあんまり入ってないかも。

心理カウンセリング序説(6)

なんか聞いたことある気がするんだけど気のせいかな? 続きの回だった。眠れんなぁ(眠るために聞いてたのか)。

環境デザイン論(7)

遊環構造の話。やっと本質に入ってきた。

グローバル化と日本のものづくり(4)

製品の外枠としてのアーキティクチャのモジュラー化とインテグラル化の話。 ソフトウェア工学とも絡むな。「どこで稼ぐか」という話を含めて。

心理カウンセリング序説(5)

意識と無意識の話。 機能と構造はさておき、臨床現場の話になると途端に胡散臭くなるのはどうしたことか。

心理カウンセリング序説(4)

うーん、主観的に過ぎる。この主観的なやり取りを自分の専門だと思っているのならあまりに工学的じゃない。もしこれが有用だと信じているのなら、心理臨床セラピストは信用に値しないなぁ。

環境デザイン論(6)

面接授業で聞いたところとかぶるけどキーになる回。遊び空間の分類はちょっと客観性に欠けるけど、まあよし。

実践英語(5)

何となく言ってることがわかるって程度。今回のは全然だったな。

実践英語

わはは、印刷教材があっても授業の後半は壊滅的だ(^^;)。ヒヤリングが全然できない時点で文法も何もないもんなぁ。

心理カウンセリング序説(3)

何とか最後まで聞いた。

心理カウンセリング序説(1)(2)

寝ずに聞いたぞ。次まで耐えられるかな?

心理カウンセリング序説(1)

大場先生の授業はよく眠れる(はい、最後まで聞けませんでした)。 聞き直そう。

環境デザイン論(4)

江戸と風水の話。

グローバル化と日本のものづくり(3)

今更トヨタ方式でもないよな、とは思いつつも一応。

グローバル化と日本のものづくり(2)

設計という言葉の広さ。でも、なるほどって感じ。資本主義経済の中ではこうとらえるのが自然だわな。

出願は今日までですよー

興味ある人は県庁所在地へGo! 東京には何カ所もあります。

グローバル化と日本のものづくり(1)

「貿易に依存すべきだ」という論は初めて聞いた。なるほどそうかもしれないけど。

環境デザイン論(3)

日本の旧家における環境デザイン。三大丸山遺跡の時代とその出自(北からも文化って来てたんね。知らなかった)に感心するなど。 しかし西洋建築にかぶれた目で見るとハブとスポークの関連がない空間は座りが悪いなぁ。

環境デザイン論(2)

面接授業でも思ったけど、説明のために軸をどんどん増やすのは幾何学的にどうかと思う。n次元というわけでもなさそうだし。 環境デザインという発想自体は好きなんだけどなぁ。

実践英語(4)

うー、ダメダメだなぁ。

実践英語(2)(3)

後半のヒヤリングが致命的なまでにダメだ。印刷教材買ってこないと。

実践英語(1)

番組前半は何とか。後半は印刷教材無いときついなぁ。

環境デザイン論(1)

以前仙田先生の講義を面接授業で見てから気になっていたので。なるほど。

#放送大学 に入るには

二つ道があります。なんか、岡部学長のつぃーとを見てると質問している人が多いので。 全科生 普通の4年制の大学です。18歳から入れます。試験はありませんが高卒同等の資格は確か必要だったはず。所定の単位を修得すると学士資格(大学卒)がもらえます。 専…

大学院の試験は土日だけらしい

少なくとも2011年度2期はそうだった。 無理に仕事の予定ずらさなくて済みそう。あとは語学の試験を何とかクリアせねば。 (追記) 2011年度2期だけ偶然に土日みたい。

卒業に当たっての所見

3年(正確には半年休学してるので2年半)、3年次編入でやった所見を。 トータル単位は150単位ほどになり、卒業基準最低単位である121をだいぶ上回ってます。これは、専門の必修科目とかを考えずに興味あるところを重点的にとっていったせい。科目にはいくつか…

学位記授与式(卒業式)の案内が来た

しかし、学位記授与式の案内に あなた様の再入学を心からお待ち申し上げております。 とあるのはさすが放送大学といった感じ。今年はともかく来年に大学院を受けられれば受けます。語学がなー。

学位記授与式(卒業式)は3/24

http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/2012/240206.html いけるなぁ。案内まだ来てないけど。

卒業が決まった

いろいろ裏技を駆使して単位を確認したところ、卒業が決まったらしい。 まずは一区切り。後は来年の春に院を受けよう。

精神分析とユング心理学

3度目の最後まで視聴。あ、見てないか。 15回の授業を3度も聞けばもういい加減内容覚えてるだろう。たぶん。さて、明日はテストだ。

NTT DoCoMoの「応援学割2012」に入れる

……けど、使い物になるかは正直微妙かも。基本料はえらく下がりますが、私の料金のほとんどはパケットだからなぁ。ま、数百円お得になります。