読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Florian's most newest Diary

ふろりあんの再最新日記

TNGパトレイバー 首都決戦

Movie

押井守の実写映画なのに人に勧められる(笑)。

メカありアクションあり哲学あり。今までのTNGパトレイバーと、映画版2を見ていること前提の映画だけどきちんと面白い。キャラクターは今までのTNGパトレイバーですっかり立ってるし、最終話で語られた遺産の正体もなるほど。
すっかりレギュラーになった公安の警部補が現場まで来て大活躍するのはファンサービスもあるんだろうな。経緯こそ違うもののあの名台詞「私に触るな」も健在。BGMも含めて劇場版2を見た人は受けるかも。
 
隊長の虫のいい算段の突入シーンもアクションシーンを増量するためだけである訳じゃなくてきちんと伏線になっているのはいい。イングラムリボルバーカノンの通常弾が散弾で飛び散るけど威力はさほどでもないという描写がラストで生きてくる。ヘリコプターが弱い攻撃でもダメージを受けるという描写と相まって説得力があります。弾道があれだけ広がるのなら手動照準でも当たるわな。
零の正体は謎のまま。特車二課はすでに解体されてるし、このメンバーでの続きは無いかな。
 
TNGパトレイバーという企画全体で見て結構良かったと思います。アニメと漫画で有名になっているところで、各地のデッキアップのイベントで現役であると見せたプロモーションもいい感じ。
この企画の最後がこの「首都決戦」という映画であったことは非常に幸せなことでした。
面白かった。